9割が知らないおもちゃの効果

プロが分析!このおもちゃがもたらす効果とは?(スピードカップス)

これを紹介するにあたり、中学生の息子と遊びました。
本気を出しましたが、負けました。老いですかね。

どうも、ゆーです。
老いではないですね、子どもが成長したということです!うれしいです。

さて、今回紹介するおもちゃはコチラ
『AMIGO( アミーゴ) スピードカップス Speed Cups』

あそびかたは、カードに描かれた図柄の順番に手元のカップをすばやく並び替えます。出来上がったらベルを押します。早く並び替えた人が勝ちです。

実際に遊んでみると、かなりテンポが速いゲームです。
大人がやると、子どものはやさについていけないかも…。
では、分析してみましょう。
【子供に与える効果】
・色の学習
・ルールの学習
集中力を養う
・目で見る(視覚)ワーキングメモリの促し
・すばやくカップを操作する手の運動の促し
・すばやい判断力を養う
このおもちゃの特徴は、素早くカードの絵柄を記憶するワーキングメモリと、素早く並び替える判断力が必要ということです。もちろん、カードに注意を向けていないといけませんから、集中力も養うことができます。
焦らず冷静に…あせると手元が狂います。自分のイメージ通り手が動かないんですよね。
こういったゲームで重要となるのが、どのような戦略を自分で立てるかということです。
どういうことかというと、
ある人は、右もしくは左から順番に覚え、記憶を頼りにカップを並べるでしょう。
ある人は、全体をみて写真を撮影するように、頭にイメージを残し、カップを並べるでしょう。
ある人は、カップを並べることを優先し、一部分を覚えてカードとカップを行ったり来たりしながら並べ替えていくでしょう。
カードのどの部分をどのようにおぼえるのか、手の位置はどこに、ベルの位置と自分との距離は…いろいろあると思います。
このようなおもちゃで遊ぶとき、ある一工夫をすると、より効果的に子どもの成長につなげることができます。
それは、
「戦略立て、思考過程を言葉で表現する。」
そうすることで、自分自身の考え方のクセや特徴を客観的につかむことができます。
これを知っておくと、どのように覚えたらよいのか、どのように問題を解いたら効率が良いのかという学習に役立てることができますよ。
ぜひ、子どもがどのように思考し、ゲームに取り組んでいるかを表現する機会を作ってみてはいかがでしょうか。
ちなみに、私の戦略は…ヒミツです。
だって、手の内を明かしたらゲームに勝てないじゃないですか!負けず嫌いです。
以上です。

お読みくださってありがとうございました。
皆様にお願いがあります。 このブログを多くの人に読んでいただくため、また出来る限り長くブログの活動を行っていきたいと思いますので、応援のために下のボタンをポチっと押してください。にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村
皆様にお願いがあります。 このブログを多くの人に読んでいただくため、また出来る限り長くブログの活動を行っていきたいと思いますので、応援のために下のボタンをポチっと押してください。にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村
シェアする
therapistyuをフォローする
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
ゆーのおもしろ発達学 〜子育て・発達障害・グレーゾーン・小児リハビリなど〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました