小児リハビリ

1から学ぶ発達障害や病気のきほん

気になる!幼児の発音の発達は何歳から?「サ行・ザ行は5歳位から」

発音気になる?幼児の発音は何歳から発達するか知っていますか?答えは、およそ3~4歳ころから。でも「サ行とザ行」は難しいので、5歳過ぎでも「3割程」の子どもはうまく発音できないことも。気になる発音の知識とお家で出来るトレーニングを紹介します
リハビリ専門解説!

リハビリ療法士が、逆上がりの練習法と上手にできるコツを教えます。

逆上がりができなくても、大人になって困ることはありません。でも達成感は子どもに大きな自信をあたえます。うちの子は運動が苦手で…大丈夫です!リハビリ療法士が、逆上がりの練習法とコツを伝授します。逆上がりの動きと体の使い方がわかれば出来る!
リハビリ専門解説!

無料教材 シンプルなぞり書きに新しいシートを追加しました!

 どんな子どもにも使うことができる、シンプルなぞり書きに新しいシートを追加しました。小さいサイズのなぞり書きを作成しました。さらに、あらたなトレーニングシートも追加。無料でダウンロードできる学習教材です。療育の現場やご家庭でご活用ください。
1から学ぶスポーツ医学

筋トレを科学的に学びたいあなたへ。効果的な筋トレと筋肥大の秘密!

「あなたは科学的な根拠にもとづいた筋トレを行っていますか?」もし答えられなければ、この記事があなたにとって良いヒントになるかもしれません。筋トレや筋肉について、きちんとした情報を知れば、効果的に、効率よく筋トレを行うことができるでしょう!
1から学ぶ発達障害や病気のきほん

悩むより相談!子供の家庭内暴力が起きた時、あなたはどうすべきか。

「暴力」で物事が解決するのでしょうか、気分が晴れるのでしょうか。こたえは「NO」です。「家庭内暴力」の対処方法と原因について文献から読み取っていきます。あなたがもし、子どもの家庭内暴力に悩んでいるのならば、この記事が参考になれば幸いです。
コラム:あなたの子育てをアップデート

自分の時間も欲しい。でも、子どもの知能(IQ)も伸ばしたい!

子どもの知能指数、つまりIQを高めることに興味はありますか? IQは脳の総合力を数字にあらわした物。忙しい子育ての毎日でも、子どもの能力を伸ばすアイテムがたくさんあるんです。専門家目線で効果的な商品を紹介します。楽して、能力をそだてましょう。
まずはここから!小児リハを学ぶ

実践3つのポイント!発達障害と感情のコントロール

「怒り」のコントロール、感情のコントロールができるようになってほしい。家族からよく聞かれる要望の一つです。ちょっとまって!そもそも、感情のコントロールをする前に、子ども自身が知っておかなければならないことがあります。それは「感情を理解する」。
リハビリ専門解説!

祝一周年! 療法士が考えたトレーニングシート 無料ダウンロードできます。

 目の動き、注意力、記憶力などをトレーニングできるシートを作成しました。世の中にあるトレーニングはちょっと使いにくい…ということで私自身の「かゆいところに手が届く」ように難易度を調整しています。簡単なものから難しいものまで幅広く使えます。
1から学ぶスポーツ医学

ボディイメージと運動イメージを知ると、運動の理解が深まります。

じつは、あなたの目に見えている「運動」は結果なのです脳の中で、どのようなことが行われているのか。それを知ることで、運動を効率よく変化させていくことができます。これをよめばあなたに関わる子どもの運動を改善させるヒントがみつかるかもしれません!
まずはここから!小児リハを学ぶ

小児を学ぶならこれから!感覚を理解すれば、子どもの特性が分かる。

小児分野を学ぶ時、必ず耳にする「感覚統合」という言葉。感覚統合の理論を理解するには、感覚そのものの理解や統合がもつ本当の意味を理解しなければなりません。感覚を統合する「本当の意味」とは?きっとあなたにとって何かのヒントになるはずです。
タイトルとURLをコピーしました