リハビリテーション

9割が知らないおもちゃの効果

ことばマスターあいうえお 言葉をそだてるおもちゃ「あいうえお盤」

小児リハビリの療法士が、おもちゃについて解説します。今回はあいうえお盤、実際に遊ぶときのポイントも合わせて紹介します。ひらがなをおぼえるだけでなく、その言葉を使ってあそぶことに重要なポイントがあるのです。さらに、効果を生み出す重要なポイントが。
9割が知らないおもちゃの効果

ルービックケージで子供の脳を育てる:知育玩具の効果的な活用法

小児リハビリの療法士が、おもちゃの効果について解説します。今回は、先読みとイメージを使った対戦ゲームのルービックケージです。このおもちゃの効果とは・・・?
1から学ぶ発達障害や病気のきほん

繊細な心がもたらす特別な視点:HSPの世界と特性への理解

過敏感な人 Highly Sensitive Person 一体、どのような特性があるのでしょうか? いくつかの文献をもとに、繊細な心がもたらす視点と、特性について紐解いていきましょう!
1から学ぶ発達障害や病気のきほん

パニック 基本のき(原因とその対処について)

小児リハビリの療法士が、パニック発作や強度行動障害によるパニックについて、原因と対処方法を解説します。具体的な方法を知ることによって、落ち着いて対処できるようになります。
まずはここから!小児リハを学ぶ

支援者必須 センソリーコミュニケーションの理解と観察ポイント 3選

発達障害のおこさんと接するときに、どうもやりとりが上手くいかないなぁ、うまくあそべないなぁと感じることはありますか?  今回はそれを解決するための糸口を感覚から見つけていこうと思います。ポイントは3つです。感覚統合にも触れていますよ。
まずはここから!小児リハを学ぶ

小児リハビリテーションの基本のき

小児リハビリを受けてみたいけど、どんなことをするところなんだろう。どんなことができるんだろう。そんな初めて小児リハビリを耳する方やこれから受けようと思っている方を含めて、すべての皆さんのご参考になればと思います。
もっと知りたい小児の知識

必見!大人の役割はココにあり「発達の最近接領域」の話

最近接領域は、子どもがまさに新しいスキルや知識を獲得し、成熟しつつある領域であり、発達の最前線です。大人がただ単に情報を伝えるだけでは、子どもの成長が十分に促進されません。子どもが自ら考え行動し、新しい領域に進む手助けをすることが重要です。
1から学ぶ発達障害や病気のきほん

「運動が苦手」の原因はこれだった!発達性協調運動障害 基本のき

リハビリの専門職が発達性協調運動障害について、わかりやすく説明します。また、小児リハビリではどのようなことをするのか事例を通じて解説します。
まずはここから!小児リハを学ぶ

外の世界を知るための大前提を作る「2か月革命」とは?

赤ちゃんの発達段階として、「2か月革命」を経て、4~5か月にかけての時期が自己認識の確立と外界への興味の拡大に焦点を当てています。これは、リハビリの文脈においても重要な示唆を与えることがあります。
もっと知りたい小児の知識

年間100本の動画達成を記念して、おすすめのトップ5動画をご紹介!

制作した中から、視聴回数の多い6本の動画をご紹介いたします。これらの動画は私にとって特別なもので、その背後には思い出深い瞬間と創造的な努力が詰まっています。 1分でみれるショート動画で、一緒にまなびましょう!