リハビリテーション

1から学ぶスポーツ医学

筋トレを科学的に学びたいあなたへ。効果的な筋トレと筋肥大の秘密!

「あなたは科学的な根拠にもとづいた筋トレを行っていますか?」もし答えられなければ、この記事があなたにとって良いヒントになるかもしれません。筋トレや筋肉について、きちんとした情報を知れば、効果的に、効率よく筋トレを行うことができるでしょう!
9割が知らないおもちゃの効果

記憶と素早い判断力を養うカードゲーム!「ドブル」をプロが解説!

ドブルカードは、どのカードをみてもかならずひとつ絵柄が一致するように作られています。この「あそび」を通じて、IQに大きな影響を与える脳の力を養うことができます。それは意識を向ける能力「注意機能」、「ワーキングメモリ」、そしてもうひとつ「 」。
1から学ぶスポーツ医学

リハビリやスポーツの練習が大きく変わる!アノーキンの機能システム

あなたはスポーツやトレーニングをするとき、「運動」にばかり目が向いて、頭の中でどのように動きをとらえているのか、どのように運動を考えているのか意識していますか?今回のお話は、運動を作り出す時の頭の中のシステムです。これ、目からうろこです。
コラム:あなたの子育てをアップデート

アレを使うと劇的変化が!我が家の「おそうじ、片付け大変革」

 あなたは「アレ」を子育てに活かすと、激的に子どもたちが変化することをご存知ですか? 「アレ」を使うことによって、家族が一丸となって大きな変化に立ち向かうことができるでしょう。  さらに「アレ」は、仕事にも直結する重要なスキルなのです。
1から学ぶ発達障害や病気のきほん

子どものリハビリテーションは早いほうが良い!脳性まひの基本のき

脳性まひのお子さんにとって、小児リハビリテーションはとっても重要です。 特に早期から始めることが重要とされており、リハビリをした場合としていない場合とでは、機能に差があると言われています。 脳性まひのリハビリや予後予測、基本知識などを解説。
1から学ぶ発達障害や病気のきほん

リハビリは?こだわりは?自閉症の基本のき

小児のリハビリで依頼が多いのが、いわゆる「自閉症スペクトラム障害」と診断されたお子さんです。リハビリではどのようなことを行って、どのような工夫をしているのでしょうか。  リハビリから工夫、診断基準や症状の要因となる特徴について解説します。
1から学ぶ発達障害や病気のきほん

障害は?寿命は?リハビリは? ダウン症のきほんのき

ダウン症(候群)は、運動発達の遅れ、知的な遅れ、言語発達の遅れがあり、平均寿命はおよそ60歳と言われています。ライフステージに合わせたサポートが重要です。ダウン症の基本的な知識とリハビリテーションについて解説します。最新の研究も紹介します。
リハビリ専門解説!

新年のご挨拶 & なぞり書き無料ダウンロードのお知らせ

感謝の気持ちをこめまして、お年玉的な企画を考えました。ひらがなや漢字を構成する要素をピックアップし、繰り返し練習できる構成となっています。私自身が作業療法士として、仕事で使いたいなぁ、こんなものがあったら便利だなという視点で作りました。
超初心者!野球自主トレメニュー

野球は超初心者! わが家の自主トレ第二弾 投球と運動学習のコツ

今回は、投球の自主トレをご紹介します。初心者でも出来る簡単なトレーニングです。投球に必要なテールバックと球のリリースには肩の運動、体幹の運動、手の中の筋肉が必要です。私自身も超初心者。投球について、私と一緒に学んでいきましょう!
コラム:あなたの子育てをアップデート

脳科学が証明する。子どもの能力・才能はポジティブの感性から!

あなたは、なにか子供に経験させたい、ならいごとを上達させたいと思ったことはありませんか?  この記事は、よりよく才能や能力を伸ばすコツがわかります。才能の芽生えを見つけ、その芽生えをもっとも伸ばすためには、ポジティブな感性が最重要ポイントです。
タイトルとURLをコピーしました