まずはここから!小児リハを学ぶ

専門家がガチで論文を読み解きます。これから小児リハを学びたい人、療育に携わる人も必見。

まずはここから!小児リハを学ぶ

あけましておめでとうございます。新しい教材が無料でダウンロード!

 新年、あけましておめでとうございます。  本年もよろしくお願いいたします。  今年もお年玉企画「無料でダウンロード教材」を作成しました。  見る力と手先の動きを高める「かたちのふちどり」です。 サンプル  ...
まずはここから!小児リハを学ぶ

魂で子どもを見よ!目からウロコの小児リハビリ「見学のポイント 5選」

子どものリハビリって、いったいどんなことをしているんでしょう?「ただ、遊んでいるだけ…にみえるけど」一緒に遊ぶだけのセラピストですが、遊びながら頭の中では色々な情報を高速で考えています。知っておくと目からうろこの「見学ポイント」です!
まずはここから!小児リハを学ぶ

病院では教えてくれない、ひみつの観察ポイント①

小児リハビリを行う専門職が、普段は秘密にしている観察のポイントを解説します。
まずはここから!小児リハを学ぶ

脳力の基盤!これだけは知っておきたいワーキングメモリと記憶の基本

リハビリの専門職が、記憶とワーキングメモリについて解説します。また、発達障害の子どもたちにどのような影響があるのかを合わせて解説します。
まずはここから!小児リハを学ぶ

自閉症の子と遊ぶの難しくない?遊ぶコツを療法士がおしえます!

「一緒に遊ぼうとおもっても、どうやって遊んであげたらよいのかわからない」 「一緒にあそぶことがむずかしい」 このような相談をよくうけます。あなたも「あそびにくい」と感じますか?ちょっとしたコツさえあれば大丈夫!キーワードは「感覚」です!
まずはここから!小児リハを学ぶ

体育の先生、どうか子どもたちに体の使い方を教えてあげてください。

子どもの頃、スポーツや体育が苦手だったなぁ。でも、小児リハで子どもと一緒に遊ぶうちに、私自身が子どもの頃できなかったことができるようになりました。「逆上がり」「二重飛び」 体育の先生、どうか体の使い方、運動の楽しさを子どもたちに教えてあげて
まずはここから!小児リハを学ぶ

実践3つのポイント!発達障害と感情のコントロール

「怒り」のコントロール、感情のコントロールができるようになってほしい。家族からよく聞かれる要望の一つです。ちょっとまって!そもそも、感情のコントロールをする前に、子ども自身が知っておかなければならないことがあります。それは「感情を理解する」。
まずはここから!小児リハを学ぶ

小児を学ぶならこれから!感覚を理解すれば、子どもの特性が分かる。

小児分野を学ぶ時、必ず耳にする「感覚統合」という言葉。感覚統合の理論を理解するには、感覚そのものの理解や統合がもつ本当の意味を理解しなければなりません。感覚を統合する「本当の意味」とは?きっとあなたにとって何かのヒントになるはずです。
1から学ぶスポーツ医学

リハビリやスポーツの練習が大きく変わる!アノーキンの機能システム

あなたはスポーツやトレーニングをするとき、「運動」にばかり目が向いて、頭の中でどのように動きをとらえているのか、どのように運動を考えているのか意識していますか?今回のお話は、運動を作り出す時の頭の中のシステムです。これ、目からうろこです。
まずはここから!小児リハを学ぶ

必要な情報を取り出して使う脳のはたらき。注意機能とその役割

リハビリや療育の現場で使われる注意は脳の機能を意味します。あなたの周りにあるいろいろな情報から、必要な情報だけを取り出して使う脳の機能や仕組みのことです。この話は療育やリハビリテーションに携わるあたなにとって、特に重要な知識になるでしょう。
タイトルとURLをコピーしました